読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

the chemical brothers@SUMMER SONIC 2015 (2015/08/16)

長い間、音源だけを聴きながら想い焦がれていたアーティストのライブを初めて観る、このような体験は、きっともうこのライブが最後だろう。充分に大人になり金銭的に余裕ができた今では、気に入ったアーティストのライブはその気になれば来日した時に観に行けてしまうし、新しいアーティストに情熱を傾けること自体が最近では少なくなってしまった。

the chemical brothersは、実家にいる兄から教わった最後のアーティストだった。「前はダスト・ブラザーズと名乗ってたけど、今はケミカル・ブラザーズになった」とデビューアルバムのCDを貸してもらったけれど、ダスト・ブラザーズって確か古いアーティストじゃなかったっけ? と余計に混乱した記憶が、頭の片隅に懐かしく残っている。

このアルバム "Exit Planet Dust" から受けた影響は大きかった。当時ロック一辺倒だった音楽趣味の方向性を広げられ、「CD屋のCLUBってコーナー、他にも試聴してみたら色々面白そうな音楽あるやん。ROCK以外の棚も回ろう」と積極的に興味の幅を広げるきっかけになった。当時大好きだったoasisのNoelと共演したシングル "Setting Sun" は勉学の友として何百回と聴き続けたし、次のアルバムである "Dig Your Own Hole" がリリースされる頃には逆に、アメリカンなハード・ロックを聴くことが無くなる程、興味の方向性を変えられてしまっていた。

"Surrender" がリリースされたの頃には、ROCKよりCLUBの棚の方をチェックして彼らのフォロワーを探すようになり、ハウス、アシッド、サイケデリックへアプローチを強めた "Come with Us" を聴いて、彼らに並び立つものはやはりいないと実感した。"The Golden Path" 一曲のためだけに高い値段のベスト盤を買い、その一曲のみを堪能して満足することができる程に好んでいた。

ただ、常に彼らを盲信していた訳ではなく、"Push the Button" や "We Are the Night" については、最初は良いアルバムだと感じることができないでいた。その頃は、彼らの楽曲の重厚で完成度の高い部分を野暮ったく感じるようになってしまっていたし、過去作によって高く伸びきってしまった期待のハードルを越えることが難しくなってきていた。単純に音楽に対する飽きもあった。

しかし、好こうが飽きようが、彼らの音楽は脳にしっかりと刻み込まれ続けていた。二枚目のベスト盤である "Brotherhood" のボーナスCDに収録されていた "Electronic Battle Weapon" 集を聴き、彼らの粗削りな一面に触れて、やっぱり彼らが好きなんだなと再認識させられた。そして、オリジナルアルバムとはまた違う彼らの魅力に触れたい、ライブを観たい、と強く感じるようになった。

その後、行けなかったフジロックでのライブを収録した "Don't Think" の映像を劇場で上映すると知り、ミナミまで足を運んだ。そこでは、長い間聴き倒した音源達が姿を変えて次々に襲いかかってくる映像に衝撃を受けたけれども、そのライブパフォーマンスの素晴らしさに「ライブ映像」という形態の限界も感じられてしまった。やはり、生でライブを感じなければならない。次の機会は逃すまい。

このような期待の高まりがあった上で2015年、来日の報が耳に入ってきた。しかもフェスだ。"Don't Think" のリベンジをするにはもってこいの舞台で、気持ちが盛り上がらないわけがなかった。


SUMMER SONIC大阪の一日目、熱中症で体調を崩し、さらに二日目、財布を落とし、過去に体験したことが無いトラブルが個人的に多発したフェスだったのだけれど、不思議とヘッドライナーのthe chemical brothersを迎える気持ちには曇りがなかった。

彼らを観ることがこの土日の最大の目的であり、それに直接影響のないトラブルは、些末なものでしかなかった。

開演を前にして、どの曲を演って欲しい、という気持ちは全く沸かなかった。特別好きな曲は幾つかあるけれども、どの曲でも盛り上がる事ができそうな心持ちだった。どの曲も演って欲しいという気持ち、と言い換えることができたかもしれない。

開演時間になっても彼らはなかなか姿を現さなかった。ただ、回転数を落としたthe beatlesの "Tomorrow Never Knows" のボーカルフレーズ "Surrender to the void" が何度も何度もループする、その奇妙な状況から少しずつ、場の雰囲気が作られていった。

ようやく二人がステージに姿を現したのは、開演時間から約15分後だった。

そして、待ちくたびれて一触即発状態の観客に投下されたフレーズ "Hey girls" で、空気が爆発する。一曲目 "Hey Boy Hey Girl" のイントロだけで、Superstar DJ'sはその場の空気と歓声を一気に掴み取った。曲を知らなくてもノリで盛り上がることができるHBHGは最強だ。

体力の限り延々熱狂し続けられそうなHBHGから "EML Ritual" で少しクールダウン。そして "Do It Again" で、展開の再構築が開始される。ここから、最新シングルの "Go" に繋げる流れが圧巻だった。リードトラックなのに、Do It Againからのトラックの流れを残して大胆に再構築。地味ながら屈強なトラックに生まれ変わった新曲に対し、観客からの喝采が次第に大きくなっていく。

そして、"Swoon" のイントロフレーズでその喝采がピークに達した。ここから "Star Guitar" への流れはフジロック同様だったけれど、分かっていても興奮が冷めることは全くない。分かっていても次の音を、次の展開を欲してしまう。これが聴きたかったのだ。夢にまで観たシーンが今、目の前で演奏されていることに感動した。

シングル曲と新譜曲で構成されるこのセットでは、新譜曲がブリッジ役を勤めることになる。 "Sometimes I Feel So Deserted" で改めて立て直し、彼らの代名詞である "Chemical Beats" からバキバキと再着火。それから、"Acid Children" で空気をビリビリと尖らせて、"Setting Sun" のボーカルフレーズを突っ込んで会場を一気に沸騰させる。もう代表曲何曲あるねん状態。どこからでも沸かせられるマジックカットアップが、あのステージの機器には詰まっていた。

"Setting Sun" は "Out of Control" のベースフレーズと組み合わせたスピード感のあるアレンジになっていて、ここで観客のボルテージは最高潮に達した。しかし、彼らはまだ止まらない。 "It Doesn't Matter" を挟んでから、満を持して "Saturate" を投下。手拍子を誘ってから、じわじわと高めて最後には爆発できることができるこの曲で、観客は万歳しながら大歓声。何度目の爆発か。

盛り上がり過ぎてそろそろ頭が麻痺してきた頃、ここから急に "Electrobank" で狂気の世界に突入させられる。さらに、 "I'll See You There" で白塗り舞踏の映像を記憶に焼印されられる。

そして、攻撃的なアレンジが施された "Believe" で盛り上がり殺されて、本編が終了。もう結構な時間演ったように思えたけれど、アンコールへ続きそうな余韻が当然のように残されていて、観客も小休止状態。

緩やかに "The Sunshine Underground" が流れる中、彼らが再登場する。そこから、煌めくフレーズ "Escape Velocity" で一気に加速。そして "Don't Think" のボーカルフレーズが挟み込まれながらの "Under the Influence" に突入。

ここで突然、レトロ感溢れる赤青の巨大ブリキ系ロボットが二体ステージの左右に登場し、手足をバタバタさせながら目からビカビカとレーザーを発射し始めた。アンコールに入ってからのまさかの大仕掛けに大興奮。最後には耳から煙を吹き出し、音楽と共にロボットも停止してしまう演出もあって、こちらにはなんでやねんと大爆笑。

これで終わるか?と一瞬思ったが "Galvanize" のイントロで引き戻される。まだまだ終わらない。"Music: Response" を軽くねじ込みながら、お待ちかねの "Block Rockin' Beats" で観客の体力を絞り尽くす。このBRBが最後の曲となった。

ライブ終了後、打ち上がった花火を見ながらふと時計を見ると21時20分。タイムテーブルの終演予定より30分オーバーだ。ワンマンのようなボリュームのライブだった。

新旧代表曲のフルコースで何度も何度も盛り上がり続けたライブだった。聴いた当時の思い出が走馬灯のように駆け巡った……なんてことはなく、ただただ無心で興奮できたライブだった。ライブを観始めた頃のような新鮮な感覚で、脳に刻み込まれた音楽が無意識に掘り起こされる、一度きり二度とない体験をすることができた。

  • Hey Boy Hey Girl
  • EML Ritual
  • Do It Again
  • Go
  • Swoon
  • Star Guitar
  • Sometimes I Feel So Deserted
  • Chemical Beats
  • Acid Children
  • Setting Sun/Out of Control
  • It Doesn't Matter
  • Saturate
  • Electrobank
  • I'll See You There
  • Believe
  • The Sunshine Underground
  • Escape Velocity
  • Under the Influence / Don't Think
  • Galvanize
  • Music: Response
  • Block Rockin' Beats

時々で濃度は違えど、好きでい続けている。こんなアーティストとの関係は、音楽を好きでい続けてさえいれば、きっと誰にでもある。日々、何気なく聴いている音楽との時間が薄く薄く積み重なった結果、その地層に深く染み入るような感覚に感動してしまったのだろう。

この感動は、即席で見知った知識だけでは得ることはできないけれど、得るためには特別な才能はいらない。流行に左右されることなく、ただ地道に一つ一つ音楽を噛み締めていくことの大切さを感じたライブだった。