読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電気グルーヴ@Zepp Namba (2013.02.28)

電気グルーヴの新譜「人間と動物」のレコ発Zeppツアー、大阪編に行ってきた。

電気グルーヴの二人を観るのは、思い返すとタワーレコードNU茶屋町店でのトークショー以来。ライブになると……およそ五年前位のフジロック以来となる。フェスで観るばかりでワンマンには行ったことがなかったので、期待値はかなり高かった。

今回の新譜は歌モノ中心だったからか、旧譜からの曲も歌モノが多かった。前半は新譜からの曲中心で、後半には新譜のテイストに近い歌モノ中心の旧譜鉄板ネタを持ってくる構成。特に後半の盛り上がりは圧巻だった。


開演時間を若干押してスタート。牛尾さんが先に登場して火を付けてから、二人が登場する流れ。さすが観客にとっては教祖であるお二人、ステージに登場するだけで会場が爆発的に盛り上がる。もう二人が何をしても盛り上がるアイドル状態。

そうして始まったライブ、最初の数曲はおよそ新譜通りの並び。新譜は今日が発売日ということで、曲に対する観客の反応はあまり良くはなかった(爆発的に盛り上がるキャッチーなチューンが新譜にはそもそも無いことも要因かと思われる)けれども、先行シングルの「Missing Beatz」「Shameful」でテンションを徐々に高めていく。

特筆したい、ライブでぶっ飛んでた新譜からの曲は「P」。MCを挟んで満を持してから、二人でボイスパートを生で絶叫するという力業を披露。(曲を知らない)観客を唖然とさせる一幕があった。

前半ではあと「モノノケダンス」の万能感を実感した。新譜の流れに挟んでも全然違和感が無いのに「あっ!これは知ってる曲だ!」と盛り上がることができる。裏キラーチューンだわ。あと「ズーディザイア」もしれっとフィットしていたな。これも万能。

そんな前半はMCが多めだった印象。そしてそのMCがやっぱり絶好調だった。内容には触れないけれどこういった記事のような、思い付きで口走り合う(そして記事にはできないような黒い)やりとりが生で行われる。本当に頭おかしいわこの人達。

中盤に入り「B.B.E.」を挟み込んでテンションを高めつつ「FLASHBACK DISCO」の大爆発ブーストから本格的にフロアの加熱開始。後半に入って「THE WORDS」など馴染みのある曲を積み重ね、盛り上がりのピークに持ってきたのはやっぱり「シャングリラ」。

そこからの流れが圧巻。「少年ヤング」「N.O.」とイントロで瞬間沸騰する鉄板ネタがダークなアレンジで続き、観客をひたすら踊り狂わせ絶叫させる。その結果、続く「あすなろサンシャイン」で観客は両手を差し上げて瀧(神)に平伏することに。「シャングリラ」からの無敵時間が続いて続いて続き続けた。

そして本編ラストは「レアクティオーン」。しっとりとしたアレンジになりがちな曲だと思っていたのだけれど、今日のアレンジは明るめ。ラストに相応しいアレンジと盛り上がりで印象的に終了した。

新譜からの曲は中盤までで大体演ったのだけれど、本編の締めになると予想していた「電気グルーヴのSteppin' Stone」はアンコールでの披露となった。軽く踊れるこの曲好きだわ(電気グルーヴじゃない元ネタのSteppin' Stoneもいい)。そこから「カフェ・ド・鬼」に流れ、全速力でがっちり締めた。


歌モノ中心だったおかげで、フロント二人で後ろに牛尾さん一人の時間が多く、牛尾さんが休み無く頑張ることになる展開だった。盛り上がり忙しくなってきた後半にはちょいちょいミスがあったものの、卓球さんが恙なくフォローして乗り切れていた。天国のkagamiさんも喜んでいることだろうなあ。