読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[映画]ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qについて

Twitterで垂れ流したいのにネタバレできない空気なので、頭の中に色々溜まってきた。なので、二回目を観に行く前に頭の中の整理をしておく。後日観直したらちゃんと書く予定。

アスカさん大復活

アスカさん大復活でお腹いっぱい。

旧劇でどん底に落とされてから15年、まさかアスカが救われる日が来るとは思っていなかったわ。ありがとうヽ(´ー`)ノありがとう

「破」でアスカのポジションを奪うように見えたマリとの共存に安堵。更にマリとチームプレイができるなんてアスカさん大成長じゃないか。しかも、戦闘しながら逐一状況を解説してくれる、視聴者に優しいキャラにすらなっちゃってもう。

ラストバトルではCRエヴァを意識したような名前の新ビーストモードで激闘し、状況を見極めて自爆するなんてもう完全に戦うヒロイン。旧劇みたいに顔をビーストに歪められても、燃えるヒロインとしてのポジションが補強されるのみだわ。

しかしながら、ヴィレ側の視点で物語が進むことがほぼなかったので、その内面は推し量るしかなかったのが寂しいところ。

「内面が描かれないヒロイン」としての死亡フラグはまだまだ消えないのだけれど、ラストでヴィレのメンバーをリリンと呼ぶなどして「歳を取らないパイロット」として自らを人間と区別するような意識が垣間見えたりしていたので、最終作でも「パイロット側」のスピーカーとしての役目はありそうだ。

シンジさん

物語が主にシンジ視点で進んだのは序に似ていたのだけれど、「必要とされた序」と「必要とされなくなったQ」の対比が鮮烈。この辺りの見せ方はさすが。

「共感できない主人公」の面目躍如の大活躍だった今回のシンジさん、最終作の二時間で汚名挽回できるのか。この傷は「結果的に世界を救った」程度では全然丸く収まらないのだけれど。

最終的にシンジが主人公だったことに納得感が得られると良いね。逆に、シンジが主人公であることに今後のストーリーの鍵があるような気がする。

カヲルさん

今回の目玉だったカヲルさん、シンジを利用した挙げ句に一人で散ってしまってもう。考え込む前にまず暴走しているシンジを止めろよと。今作の男は皆、結局他人に興味が無いので駄目だな……。

そういやこれまでの新劇では、過去のストーリーのリベンジを匂わすような発言をしていたカヲルなのに、結局TV版と同じエンドじゃないか。シンジからチョーカー奪った時点でもう同じ死に方をする気満々だったじゃないか。もしかすると「同じ死に方」をする必要があったのかもしれないな。あのタイミングで死ぬ事にも意味があったのかもしれない。

ネルフの面々

人が少ない。ここで誰が働いているんだ。

ゲンドウさんったら相変わらず計画通り発言。プロマネにしたくない上司ナンバーワンの座、揺るぎないわー。そして冬月、シンジを追い詰めて槍を抜かせるように仕向けるなんてドス黒い。

ヴィレの面々

エヴァのナンバリングは恐らくネルフ&ゼーレのお仕事なので、改2号機と8号機とヴンダーでネルフに反旗を翻したと考えるべきか。となると、サードインパクト後即行動したわけではなさそう。「ネルフで復興に努めている内に、ネルフの目的と企みを知り反旗を翻した」という流れであれば、今作に登場しなかった加持さんはその流れで姿を消した可能性があるね。

それにしても、ヴィレ単体でヴンダーに初号機を融合させているし、そもそものヴンダーの戦力を考えると、人気の無いネルフより技術力高そうなのになあ。なぜネルフに対してゲリラ戦を挑まなければならないのか。そして、赤木家の頭脳抜きでネルフがどうやってエヴァを製造しているのかよく分からん。

そういや、ヴィレの面子の中でもリツコさんはネルフに残りそうなのにね。ゲンドウとの関係は無くなったのかな。裏切りフラグがあったりするのか。

ミサトさん、よく分からん。シンジの性格を一番理解していたはずで、ゲンドウに反発するシンジの姿も見てきたはずなのに、なぜシンジが反発するような態度を取るのかねえ。理性的なようで、全く理性的ではない言動なので違和感。

ヴィレの方々の過ごした「14年」は、視聴者にとってはただ推し量るしかなくて、距離を感じてしまう。「正義」のディテールだけは強く感じるのにね。

ストーリーなど

シンジ以外の登場人物の行動基準がよく分からない、そしてシンジの行動基準に感情移入できない、誰にも感情移入できないその結果、視聴者が置いて行かれてしまう。というTV版らしいエヴァパターンに戻ってしまった。

今作で一番見事だなあと思ったのは、「説明が不十分なよく分からないエヴァ」を「エンタメ要素」として観客に提供した事。元々アニメに興味が無いような人達を巻き込んだ上で、オタク的な楽しみ方を提供するという、そのやり方が見事。新劇を製作した理由が、この三作目にしてようやく理解できたと思う。

復活の兆しが見えないシンジ、更に撒きまくってしまった伏線。まともには終われないだろうなあ、最終作は。