読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

alternative tokyo@新木場STUIO COAST (2012.09.16)

alternative tokyo」というイベントが東京の新木場STUDIO COASTで開催されたので足を運んできた。

http://www.creativeman.co.jp/artist/2012/09alt/

普段は交通費を払って東京へ迄わざわざ足を運ぶなんて馬鹿馬鹿しい、関西でも面白いライブは選り取り見取りなのだからそのお金と時間が勿体ない、と思っているのだけれど、このイベントはさすがに観たいメンバーが揃い過ぎていて気持ち悪いくらいだったので、ついつい引き寄せられてしまった。

渋さ知らズ

恐らく去年のBOROFESTA以来の渋さ知らズ渋さ知らズは関西のイベントで観ることばかりだったので、渡部さんが入った渋さ知らズを久々に観た気がするけれど、渡部さんが居る居ないでやっぱり全然雰囲気が変わってくるものだなあと思った。

「ひこうき」からの「We are Fisherman's band」でブチ上がる。渡部さんがいると「We are Fisherman's band」が聴けるので嬉しい。他にも新譜に入る「一週間」やら、渡部さんワールドだった。ラストは本多工務店でばっちり盛り上げて終了。

NATSUMEN

セットリスト
  • Atami Free Zone
  • Newsummerboy
  • Pills To Kill Ma August
  • Whole Lotta Summer
  • Natsu No Mujina

ドラムの山本さんも参加しつつ、マシータがサポートするツインドラム体制。時折笑顔でコンタクトし合いながらテンポを整えていた、その雰囲気が印象的だった。

セトリはいつもの感じ。マシータが参加する以上、新曲を覚えて貰う訳にもいかないから、結局いつものセトリになってしまうんだろうなあ。仕方が無いのだけれど、一度ワンマンで新曲をいくつか聴いてしまっているので、それを再度聴けることを期待してしまうのも確か。そろそろ新譜情報出てこないかな。

演奏の安定感は毎度ながらさすが。少々テンポが乱れても、何事も無かったかのように各パートまとまってくるのだけれど、テンポを支えているパートが決まっていないところがとても面白い。ドラムが各パートを呼び寄せたり、キーボードのフレーズを皆で追い出したり、AxSxEさんの指示で飛び散ったり、魚群を見ているような印象。

東京だからかNATSUMEN狂みたいなファンも多く、観客の雰囲気も込みで楽しめた。

ZAZEN BOYS

セットリスト
  • COLD BEAT
  • サンドペーパーざらざら
  • 泥沼
  • サイボーグのオバケ
  • 暗黒屋
  • はあとぶれいく
  • 破裂音の朝
  • Asobi

新譜を引っ提げてのレコ発ツアー直前のライブということで、先行してライブを試聴する気分で臨んだ。

開幕はサイボーグのオバケかと予想していたのだけれど、意外にも新譜からではなく「COLD BEAT」。メンバーを右腕のニュアンスで指揮する例のパフォーマンスで盛り上げる。

そこからの「サンドペーパーざらざら」だけど、これはまだ原曲そのままっぽい印象。面白い展開になりそうな曲なので、ツアーで練り上がってくれることを期待したい。

やっぱり面白かったのが「サイボーグのオバケ」。前のワンマンで断片的に聴いた時も面白い曲だなあと思っていたし、今回のツアーはこの曲がキラーチューンだなあと思っていたので期待通りの展開。楽しい。パンツ一丁で踊れ!

あとは「破裂音の朝」の盛り上がりがが熱い。やはり「それは10年前の〜」を頂点にして熱く盛り上がる。そういえば、ライブでの演奏の発展関係なく眩しい曲はZAZEN BOYSでも久々かもしれないなあ。ライブで映える良い曲だ。

まだ実験段階っぽい印象だけれど、「サイボーグのオバケ」などは上々の仕上がり具合だった。「天狗」「すとーりーず」「ポテトサラダ」辺りはワンマンの切り札かなと思っているので、ワンマンでもまだ楽しめそうだ、と期待しておこう。

salyu x salyu

もうsalyu小山田圭吾コンビでのライブは無いかもしれない、と思っていたので、まだこういった形でライブ活動を続けてくれるのがありがたい。

しかも「ただのともだち」などは新アレンジでの演奏。「ファーストアルバム発売後のライブでの遺産」で演奏しているのではなく、「現体制で新たに活動を続けている結果」での演奏との印象を受けたので、余計に嬉しいサプライズだった。こうなってくると新音源が待ち遠しいな。

正直なところ、演奏の安定感はワンマンの頃の方があったとは思うけれど、メンバー間の信頼はより強まっている印象だった。小山田さんがトラブルでギター交換中に、大野さんがベースの弾き方変えてフォローするとか、ベテランの隠れたサポート好きだわー。

「ただのともだち」で開幕し「続きを」で閉幕する、小さなワンマンのような一時間弱だった。これからも頑張って欲しい。

ほか

LITTLE CREATURES、滅茶苦茶演奏が上手い。一つの楽器で演奏しているとは思えない程の、幅のある音色が各人から展開されて魅入ってしまった。良いバンドだわー。ビルボードとかで聴きたい。

ズボンズ。タイムテーブルのそこに突っ込んでくるかーZAZENと被せんでも良いだろーと思うのだけれど。今度改めて聴いてみたい。

新木場STUDIO COAST。関西ではなんばHatchのキャパポジションだけれど、ディテールが格好良くて良い箱だった。ドリンクのお値段がちょっとアレだったけれども。また行ってみたいし、関西にもSTUDIO COASTのようなこだわりを持った箱がもっとできれば良いと思う。