読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ZAZEN BOYS@心斎橋BIG CAT (2011.12.20)

最近のZAZEN BOYSはフェスや対バンでは度々見ていたのだけれど、ワンマンは久々。先のライブで新曲を引っ提げていらっしゃるとのMCを聞いていたので、かなり期待して臨んだ。

BIG CATは久々。相変わらずのっぺりしている普通の箱だ。入り口がタバコ臭いのだけはどうにかして欲しいところ。



開幕は「I Don't Wanna Be With You」。最近のZAZEN BOYSのライブの傾向通り、ベースの主張が強くよりダブ感が増しているアレンジ。
ここからサンプリングとクラップを残しつつのフェードアウトからシンセで「Sabaku」のイントロを弾く流れがお洒落だった。2曲目にしてもうクライマックス気分。最近のライブの特徴を引き継ぎつつも、今日はフェスセットの延長ではなくて、ライブツアー用に構成を準備してきたものが観られるのだなと期待が膨らんだ。

その後の「SI・GE・KI」からは最近恒例のライブセットが続く。「HIMITSU GIRL'S TOP SECRET」「Riff Man」とフェスでの切り札をバンバン。その後の「TANUKI」は久しぶりか。ちょっとイントロがアレンジされていたかな。そこからの「Maboroshi In My Blood」「Ikasama Love」の流れはやっぱり今回のワンマンでも鉄板の盛り上がり。

この流れで箱を暖めた後、新曲披露のコーナーへ。
一曲目(■■の■?)はセッション音源として収録されそうな位には完成されていた。フレーズをダブっぽく繰り返しながら音程が階段的に上がり下がりする妙な曲。初期ZAZENの匂いもあり。
二曲目(みかん?)は日本風?変拍子な新曲。シンセフレーズが主体だけれどバンドサウンドタイプ。
三曲目(猫?)はイントロからおかしい。第一声の「猫ってとってもセクシー!」で度肝を抜かれる。楽器とボーカルの掛け合い形式で、猫がやさしいやらいそがしいやらどうたらこうたら→「猫!」→「にゃー!」という繰り返し展開。短かったけれど、この曲は完成したらどうなるか本当に楽しみ。
四曲目(はっぱ?)はサイボーグのおばけの曲……書いていてなんじゃそりゃ。この曲は完成度高かった。ラップっぽくおばけについて歌う&変なタイミングで変なシンセが入ってくる、楽しく踊れそうだけれど油断ならん曲。

ZAZEN BOYS 4」を練り上げた最近のライブでの方向性とはやや異なり、フレーズ重視の曲がずらっと披露された。さすがにZAZEN BOYSで、未完成でもメンバーの息はピタリ。
短い曲が多かったけれどネタは決まっているので、あとは曲としての完成度を高めるだけなのだろうという曲ばかりだった。(ただ、それが一番時間掛かるのだろうけれど……)

一通り観客の度肝を抜いたところで即、鼓膜から脳髄にぶちかまされたのが「Honnoji」。煮えたぎるグルーヴで一気にZAZEN BOYSのいつもの世界に引き戻される。

ここからは「ZAZEN BOYS II」シリーズ。「安眠棒」「You make me feel so bad」「CRAZY DAYS CRAZY FEELING」と三曲続けて演奏。安眠棒はバンドサウンドで聴くのは久しぶりだった。「You make me feel so bad」はテンポがやや落ちて、泣きフレーズのギターVs腹に響くタフなベースとの格闘技の様相。「CRAZY DAYS CRAZY FEELING」はやっぱり女性声が無いサビが寂しいけれど、もうこういう曲として聴けば良いか。

そして最近フェスセットから外れていた「Weekend」もワンマンでは入ってくる。
今日の向井さんはご機嫌だったので例のキメ顔ポイントでも左右正面各方向に満面の笑みでアピール。そして爆発展開でのカシオマンの動きのキレっぷりが益々危険域に。あの下半身の動きは極まってるわ。

「DARUMA」は聴く度に少しずつ少しずつ止まるタイミングがおかしくなっている気がする。5年後にはイントロの掛け合いで2分位演るんじゃないかこれ。道中も毎度細かく違うので、何度も何度もライブで聴いているなずなのにまだまだ気が抜けない。

ここでふらっと新曲が入る。デタラメに近いフレーズが、繰り返される度に耳に馴染んでくる、これは変拍子じゃないのに変態曲だなあと思ったら「HENTAIメロディー」とのことで納得。本当に切れ端レベルの曲だったけれど胸にするっと入ってきて妙に気になる。

そして「開戦前夜」が今日の既存曲ベスト3に入る気持ち良さだった。何度も何度もアレンジが変わった(し恐らくこれからも変わる)この曲だけれど、間違いなく今日のアレンジが過去最高だった。
ベースとボーカルが曲の流れを作り、ギターが曲に色を付ける、ドラムがサビに向けての道筋を付ける。全てでサビを盛り上げる。役割がシンプルで明解。曲が終盤に向かうにつれて音が入り乱れてくるが、ふとさっと音が引き、一声「開戦前夜のこのカンジ」。空気は止まり、心は震える。
恐らく10分弱の長さ。音の緩急が完成されたアレンジだった。

次の曲が今回披露された新曲の中で、一番完成度高かったかな。「おでん」。これは確か10月の野音で披露された曲だっけ。
掛け合いっぽいセッションのイントロからスローなテンポに流れる。少し遅く起きた朝の気怠い感じの曲。歌詞は「ゆうべのおでんが残ってるー」「おでんおでんおでん」とか。

「Whisky & Unubore」はいつも通り。
そしてギターとドラムが主役のイントロから始まり、新曲かと思っていたら突然いつものフレーズになだれ込んだ「COLD BEAT」。COLD BEATといえばもちろん向井さん指揮の展開があるわけだけれど、今回は吉田一郎ベース無双コーナーがあって熱かった。この辺りも勿論毎度毎度変化があって気が抜けない。この日はワンマンだからか、フェスよりカオス感が高かった気がする。

そしてそしてお久しぶりの「Friday Night」。「ZAZEN BOYS III」のリード曲の座をすっかりRiff Manに奪われ、フェスでも聴くことが無くなってしまったFriday Nightが久々に帰ってきた。
アーバンな香りはそのままに、ドラムvsボーカル&シンセの絡み合いがとってもセクシー!
そして「今月は毎日、Friday Night」とFriday Nightを締めてからの「Asobi」への流れもとってもセクシー!にゃー!毎日が週末ならいいのに!

これで本編が終了。


正直なところもう大満足だったので、アンコールは要らないんじゃないかと思ったのだけれど、まだ明らかに演っていない曲(Kimochi)があるので、申し訳ないけれどアンコール。


アンコール一曲目は「東京節〜バケツのおひさんつかまえた」のラメちゃんチエちゃんコンビ。最近は東京節で観客にサビを歌わせる流れなので、覚えていこう。
「ラメチャンタラギッチョンチョンデ パイノパイノパイ パリコトパナナデ フライフライフライ」なのだけれど、後半が難しいので注意。

アンコールのラストは勿論「Kimochi」。満足の全二十七曲だった。


今日聴いた新曲達がどういう進化を遂げて「音源」とされるのか、本当に楽しみだ。
まだまだ未完成な曲ばかりで、かつ「猫」とか「おばけ」とか「おでん」とか、題材的に本当にこの路線で「アルバム」を作るのか疑問でもあるのだけれど、なんとか(ミニアルバムでも良いから)形にして頂きたいところ。
MCでは冗談で五年後と言っていたのだけれど、来年の早めにはなんとか、なにとぞ。何卒。

セトリ(新曲の曲名は足下にあったセトリからうっすら読み取ったもの)

  • I Don't Wanna Be With You
  • Sabaku
  • SI・GE・KI
  • HIMITSU GIRL'S TOP SECRET
  • Riff Man
  • Tanuki
  • Maboroshi In My Blood
  • Ikasama Love
  • 新曲(■■の■?)
  • 新曲(みかん)
  • 新曲(猫)
  • 新曲(はっぱ)
  • Honnoji
  • 安眠棒
  • You make me feel so bad
  • CRAZY DAYS CRAZY FEELING
  • Weekend
  • DARUMA
  • 新曲(HENTAIメロディー)
  • 開戦前夜
  • 新曲(おでん)
  • Whisky & Unubore
  • きらきらメロディー〜COLD BEAT
  • Friday Night
  • Asobi

〜アンコール〜

  • 東京節〜バケツのおひさんつかまえた
  • Kimochi