読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NEXUS@なんばHatch(09.12.06)

凛として時雨MASS OF THE FERMENTING DREGSサカナクションの対バンイベント。

凛として時雨

先々週にZeppでのワンマンライブを観たばっかりなので、今回は落ち着いて観る予定だったんだけれども、いつの間にか完璧に飲まれてしまった。
ワンマンでのセットを攻撃的な曲中心に再構成したようなセット、しかも全くMCが無いという殺人展開で、切れ目無く曲を叩き付けられた後半に「Telecastic fake show」のイントロが流れたときに「ああ、これはもう駄目だ、この流れだと次は『Nakano Kill You』だし、これは倒れる」と思って、数年振りに曲途中で後ろに下がった。鮮やかに殺された。

演奏もワンマンに比べて前のめりだった印象。短距離走なのでスタミナ考えずに全力疾走されてしまった。ワンマン以外の凛として時雨も油断できないわ。

MASS OF THE FERMENTING DREGS

あら。今調べたら、ドラムの人が正式加入していて三人組バンドになったみたい。

今回のバンドの中では一番知名度が低いので、キャッチーな曲を連発するのかなと思ったけれども、案外好き勝手に自分の演奏に徹していて素晴らしいと思った。
あとボーカル。女性ボーカルなのに荒削り。ライブだからギリギリ許される位のぶっ飛び具合。だけれども全然下品ではないところが良いね。そういう歌い方する女性ボーカルはなかなかいない。ロックだ。

そしてライブを観ていて面白いなあと思ったのは、新しいアルバムの曲からよりも、古い曲の方が観客が盛り上がっていたこと。「I F A SURFER」とか「ベアーズ」で盛り上がるのはナンバーガールからのルーツを好む人だと思うんだけれど、そんな人が多かったのかな。凛として時雨ナンバーガールからの流れを指摘されてきたバンドだし。

とうとうワンマンツアーがあるみたいなので行きたいんだけれども、平日なんだよな。早退するしかない。

サカナクション

キーボードの人のサディスティックメガネが不穏だった。どうしたんだろう…。

それにしてもサカナクションは成長したなあと思う。最初にライブで聴いたときは、まだ線が細いバンドだなあと思ったけれども、ライブを観る度に徐々に力を付けてきた。今回のライブではもう無理矢理踊らされる、ノらなければならないような感覚すらあって舌を巻いた。

あと、「白波トップウォーター」の白波感は異常だ。あれは、素直に凄い。


前日まで食あたり(食中毒)でぶっ倒れていたので、体力が回復していなくてあまり楽しめなかったのが残念。当たり前だけれども、体調は大事。